演習講座:英文法カリキュラム
講義番号 大項目 小項目
1 基礎事項の確認 句と節の見分け方
2 動詞の基本時制
3 自動詞と他動詞
4 進行形の基本的用法
5 進行形になれない動詞
6 受動態の作り方と訳し方
7 canのいろいろな用法(その1)
8 canのいろいろな用法(その2)
9 mayの3つの用法
10 mustとhave to
11 shallとwillの基本的用法
12 名詞 単数か複数か
13 数えられる名詞と数えられない名詞
14 「人」とその「所有」を表す代名詞
15 漠然と人を指す代名詞
16 itの使われ方と訳し方
17 主語の代役としてのit(その1)
18 主語の代役としてのit(その2)
19 目的語の代役としてのit
20 頻出事項の基礎(その1) It is…thatの強調構文
21 this,thatの特殊な使い方
22 selfのいろいろな表現
23 someとanyの基本的用法
24 all,each,every,both,either
25 a(an)の使われ方と訳し方
26 theのいろいろな用法
27 数を表す形容詞
28 比較の基本的な表し方
29 関係代名詞の基本(whoとwhose)
30 関係代名詞の基本(whichとthat)
31 形容詞の働きをする分詞
32 動名詞の基本的な用法
33 to不定詞の基本的な用法
34 否定を表す語
35 疑問詞を使う疑問文
36 命令文の訳し方
37 現在時制の落とし穴
38 頻出事項の基礎(その2) 現在完了の考え方
39 現在完了の3つの用法
40 過去完了の4つの用法
41 未来完了と完了時制の要点
42 継続を表す完了進行形
43 前置詞に注意すべき受動態
44 by以外の前置詞を使った受動態
45 ひかえめな表現・ていねいな表現
46 dare,need,oughtの使い方
47 過去の習慣を表す表現
48 one,body,thingのつく合成語
49 比較級の注意すべき用法
50 最上級の注意すべき用法
51 as(so)〜asを使った比較表現
52 先行詞を含む関係代名詞(what)
53 関係代名詞の注意すべき用法
54 関係代名詞の2つの用法
55 関係副詞のいろいろ
56 実戦レベル事項(その1) 分詞を補語にとる動詞
57 分詞構文の働きと作り方(その1)
58 分詞構文の働きと作り方(その2)
59 動名詞を使った慣用表現
60 不定詞を使ったいろいろな表現(その1)
61 不定詞を使ったいろいろな表現(その2)
62 不定詞・動名詞を目的語にとる動詞
63 知覚動詞の使い方
64 「〜させる」「〜してもらう」という表現(その1)
65 「〜させる」「〜してもらう」という表現(その2)
66 時制の一致のルールと例外
67 話法転換の基本ルール
68 仮定法の基本的な用法
69 仮定法過去のいろいろな表現
70 部分否定と全体否定
71 訳出に注意すべき否定表現
72 「〜するやいなや」を表す構文
73 「〜なので」「〜だから」を表す構文
74 「〜するために」を表す構文
75 「〜だけれども」を表す構文
76 実戦レベル事項(その2) shouldの特別な意味と用法
77 訳出がポイントの助動詞+完了形
78 対句としての代名詞
79 いろいろな比較表現(その1)
80 いろいろな比較表現(その2)
81 否定の比較構文(その1)
82 否定の比較構文(その2)
83 最上級を表すいろいろな表現
84 関係代名詞としてのas,but,than
85 everのついた関係詞
86 分詞構文のいろいろな用法
87 不定詞+完了形の時制と訳し方
88 ifのつかない仮定法
89 注意すべき話法の転換
90 話法転換における副詞
91 否定語のない否定表現
92 時を表す重要構文
93 間接疑問文の語順と用法
94 強調のための倒置と慣用的倒置
95 反復や語句による強調
96 数の一致 単数か複数か
97 構文の中での数の一致
98 発音の基本ルール
99 発音問題の頻出語リスト
100 アクセントの基本ルール
101 数の読み方
102 形容詞・副詞の自然な訳し方
103 無生物主語の文の訳し方
104 入試の口語表現頻出リスト